小児外科外来

診療内容

受付 治療機器

小児の便秘、臍ヘルニア、仮性・真性包茎、鼠径ヘルニアなどの診療の窓口になる外来です。

便秘外来

対象)
慢性便秘、裂肛、腹痛、ヒルシュスプルング病

お子さんの便が、でくいなと感じたら、お気軽に外来受診してください。毎日ご飯を食べるように、お通じがあるのが健康的な状態です。排便習慣を身につけることは、お子さんの将来の健康管理にも重要なことです。また、稀に外科的な治療が必要なお子さんもおられますので、小児外科専門医の受診をお勧めします。

出べそ外来

対象)
臍ヘルニア、臍皮膚余剰症

へその形が、気になると思ったら、お気軽に外来受診してください。臍ヘルニアや臍の皮膚が余っている場合があります。幼稚園、保育園での集団生活が始まってから、気になることもあるようです。多くのお子さんの出べそは、1から2歳で自然に治るとされていますが、見た目が気になる場合は、小児外科専門医の受診をお勧めします。

包茎外来

対象)
仮性・真性包茎、包皮炎

亀頭が露出できないようでしたら、お気軽に外来受診してください。亀頭と包皮がひっついている癒着していることがあります。包皮が赤くなったりする場合は、包皮炎ですので治療が必要です。多くのお子さんが手術せずに治るようになっていますので、小児外科専門医の受診をお勧めします。

小児外科外来

対象)
鼠径ヘルニア、停留精巣、その他小児外科疾患

小児科の先生から外科に行くようにと言われたら、お気軽に外来受診してください。小児外科専門医が、完全予約制で診察します。病状を詳しく説明し、治療の選択枝を提示します。治療を選択するための窓口外来として受診してください。

スタッフ紹介

名前 専門分野 資格
古村 眞
古村 眞
再生医療、低侵襲手術 日本小児外科学会(指導医・専門医)、日本外科学会(専門医)、日本再生医療学会(代議員)、日本内視鏡外科学会、日本小児救急医学会

診療担当医表

平成31年4月1日現在

 
午前
午後 古村 眞
(第4週)

診療時間:14:00~。完全予約制
その他予約枠は、相談の上で設定します。

TOP